コラム

抜け毛の種類

投稿日:2020年3月24日 更新日:

まつ毛や眉毛など体の色々なところで起こる時もあります。

頭頂部や前頭部にかけての発毛のサイクルが乱れてヘアーが育ちにくくなり、薄毛になってしまいます。

白癬菌に対する治療をしなければ頭部白癬による脱毛は治りません。

そして、ヘアーが抜け落ちるのです。

頭部白癬による脱毛は、癬はセンと読みますがタムシの意味です。

「抜け毛」といってもその種類は多様です。

壮年性脱毛症は遺伝によって起こり、抜け毛の遺伝的要素を持った男性に起こる抜け毛の種類で、男性ホルモンがおもなきっかけです。

このひこう性脱毛症はヘアカラーやシャンプーによって起こるのが原因です。

特に過剰なシャンプーは頭皮を傷つけ、頭皮脂分泌の異常を招き、頭皮が乾かすをしてしまいヘアーに十分な栄養が届きません。

突然ヘアーが10円玉くらいの大きさで抜け毛になってしまいます。

粃糠性脱毛症は、ひこう性脱毛症と呼ばれフケによって起こります。

そして各々の抜け毛の種類によって心配は大きく違ってくるものです。

フケが毛穴を防いで髪の毛の成長を妨げてしまうのがきっかけです。

ヘアーが痩せてきてしまうのです。

これは白癬菌という菌によって起こり、水虫やインキンタムシの人が自らの手で菌を頭に移してしまうのがきっかけです。

一部の頭皮以外にも頭髪が全部抜けてしまう事もあります。

これは円形脱毛症とよばれ、自覚症状がなく突然に起こります。

 

女性の抜け毛

女でも男性ホルモンの分泌が多々ある人もいるわけで、ホルモンのバランスが乱れる事で、抜け毛が引き起こされるあります。

ヘアーが女にとって大事なものである事は、髪は女の命という会話があることでもわかります。

髪の苦しみ40代から増大してくるといいますが、老化は全く避けては通れないものですから、抗老化対策をして抜け毛と上手に付き合いたいものです。

髪の悩みは女の場合抜け毛だけではなく、ボリュームがなくなり、白髪が増えて老けて見える事なども、女にとってはほんとに辛いことです。

髪が全部的に均一に抜けていく、女子びまん性脱毛症というものがありますが、こうなると毛が薄くなって透けて見えてしまうほどになるのです。

抜け毛に関する困難は、女子の事例も予想以上に増えているのです。

男性の脱毛症状とは違う点は、前頭部から頭頂部にかけて抜けるのではなく均一的に抜けるのがポイントで、ストレスによる原因があらかたを占めますが、急激なダイエットなどで、栄養不足になりますと、毛の方も栄養不足になり、抜けてしまいます。

加齢によるホルモンの減少によって頭皮細胞も老化するもので、男性に限定しず女子も抜け毛の悩みを抱えているのです。

働く女性が増大したことは、併せて女性にストレスを与える事にもなったようで、現代人によく見られる食生活のバランスの悪さもきっかけの一つです。

また分娩後一時的に抜け毛がみられる分娩後脱毛症の場合は、懐妊中に胎児が栄養を取るのが原因なので、しばらくすると改善されます。

これは分娩後が女ホルモンのエストロゲンの分泌が多々ある懐妊期と比べ、そのホルモンの分泌が減るために毛の周期も休止期に入るからです。

男性ホルモンの影響は、女子の抜け毛の時でもあると考慮しられます。

-コラム

執筆者:

関連記事

no image

頭髪の抜け毛の原因

そこそこの頭髪が抜ける事は異常ではないのですが、一日の抜け毛が100本を越える場合は抜け毛の防止が必要です。 どんな人でも加齢と共に頭髪の抜け毛は増えます。 頭髪の抜け毛は、このヘアサイクルに変調をき …

no image

シャンプーで発毛を促進する

発毛促進とは逆影響なのが、頭皮を傷つけ角質を剥がしてしまう事です。 これは頭皮を傷つけてしまうおそれがあります。 指の腹で頭皮を優しくマッサージするように洗うことが、シャンプーによって発毛を促進させる …

no image

青汁は…

慢性的にストレスを感じ続ける日々を送ると、深刻な生活習慣病にかかるおそれがあるとされています。自分自身の体躯を守るためにも、適正放散させなければなりません。宿便には有害毒素が無数に含まれているため、肌 …

no image

運動を継続して、血液の循環を改善すれば…

関連もない人が美肌になろうと実行している事が、ご自らにも最適だことは滅多にありません。 時は取られるだろうと心積もりられますが、あれやこれやトライする事が肝要になってきます。 シャワーを終えたら、オイ …

no image

入浴後には…

自然に用いるボディソープだからこそ、肌に影響が少ないものを活用するのが前提条件です。 相当昔ですが、シート状の毛穴パックが持て囃されたことがあったのです。 バリア機能が低下することになると、体外からの …